関西の一般的なお葬儀の流れ!

お葬儀について

ご遺族、ご親族と共に、故人に合ったお葬式をお創りいたします。

 

お葬儀の形態には、密葬 、家族葬 、一般葬 、社葬(団体葬) 、友人葬等があります。
総合葬儀 和では、さまざまなお葬儀の形態に対応して、
皆様のご要望にあわせた葬儀のスタイルを提案いたします。
また、宗教によってもお葬儀は形式や様式が違いますのでお葬儀を行う際には、
菩提寺の有無などご確認していただくことも重要です。

 

一般的なお葬式の流れのご紹介

 

お葬儀の流れをあらかじめ把握しておくことは、
葬儀の準備などを考える上で必要不可欠です。
以下に一般的なお葬儀の流れをご紹介いたします。
大切な人の最後の別れだからこそきちんとした準備を行い、見送りをいたしましょう。

 

@ ご臨終

 

■ご自宅、病院などでお亡くなりになります。

 

A ご搬送

 

当社フリーダイヤル 0120-451-753(24時間対応)にお電話ください!

 

■病院→ご自宅など、ご指定の場所へご搬送致します。

 

■少し落ち着いた頃に打ち合わせを行いますので、
 事前にお見積もりをされていない方もまずお電話ください。

 

B ご安置

 

■ご自宅へお帰りになる場合は、ご遺体を安置するお部屋とお布団をご用意ください。

 

■スタッフがご遺体の安置、枕飾りを致します。(枕飾りとは、納棺までの臨時の祭壇です)

 

■打ち合わせに同席されるお身内の方へのご連絡をお願い致します。

 

C お打ち合わせ

 

■ご葬儀の日時や詳細を打ち合わせ致します。
(事前にお見積もりされた方は、再度確認の打ち合わせを致します。)  

 

■宗派やご参列されるご親族、会葬者の人数などご確認いただきます。

 

■役所や斎場、ご寺院様への連絡・手続きなどは、スタッフが行いますのでご安心下さい。

 

■現金のご用意(葬儀費用、お布施など打ち合わせで算出されますので、
 ご用意をお願い致します)

 

D ご納棺

 

■お棺にご遺体をお納め致します。

 

■ご納棺に立ち会われる方へご連絡をお願い致します。

 

■故人様が愛用されていた衣服など、ご一緒にお納めいただけます。

 

E お通夜

 

■通夜には、ご遺族は正式喪服で行います。

 

■通夜のお勤めは約1時間です。

 

■お勤め終了後も会葬者の方に来ていただけます。

 

F 葬儀告別式

 

■式次第(開式の辞→読経→弔辞拝受→弔電→お別れ
 →喪主様ご挨拶→ご出棺)

 

■告別式・ご出棺は友引を避けるのが通例です。

 

■死亡時間より24時間が経過しなければ火葬はできません。

 

■ご親族皆様よりお棺にお花をお納めいただき、式の最期となります。

 

G ご出棺

 

■喪主は、参列者に対して感謝の言葉を述べ、お礼の挨拶をします。
 挨拶の間、遺族は位牌や遺影を胸あたりに掲げて、参列者の方へと向けます。

 

■その後、ご親族様のお手をお借りしてご出棺致します。

 

■ご親族様だけでなく近しい方も斎場までお見送りいただけます。

 

H 火葬・収骨

 

■ご遺族・親族の方にとっては、いよいよ故人との最後のお別れとなります。
 棺が運び込まれていくのを全員でお見送りします。

 

■その後は、斎場より一度お戻りいただき、精進あげで関係者の労を労います。

 

■精進あげの後、収骨に斎場へ向かいます。

 

I 初七日

 

■初七日は故人の家族、親戚、知人などが集まり、僧侶による読経や参列者によるお焼香をもって
 故人の冥福を祈ります。近年では収骨から戻り次第、初七日法要となる流れが多くなっています。

 

J 香典返し

 

■香典返しは四十九日(七七日忌)の忌明けの法要が終了した後、忌明けの報告と
 お礼をかねて行います。おおよそ「忌明け当日から1ヶ月以内」に行うのが一般的です。また近年、
 なるべく早くお返しを済ませたいということで葬儀後や初七日の頃に行う方もおられます。

 

■香典返しは香典額の半額を目安に行います。

 

K 喪中

 

■四十九日までを忌中とし、亡くなってから1年を喪中とします。

 

■喪中の期間はできるだけ、年賀状はもちろん、正月飾り、新年会、
 初詣や結婚式、派手なレジャーを控えるのが一般の人の慣例となっています。

 

■喪中の挨拶状は、12月初めまでには出すようにします。

 

お葬儀に関する着質問がある際は・・・

 

お葬儀のエキスパートが随時事前相談を行っております。
お気軽にお問い合わせください。
以下のボタンから事前相談の詳細をご覧いただけます。

 

なごみ葬 公開講座

総合葬儀なごみ お問合せ

 
なごみとは もしものときは お葬儀の流れ お葬儀の種類 お葬儀プラン